« 10月17日(日) 日本労働法学会 第120回大会 | トップページ | 【お知らせ】「かながわ赤十字情報プラザへのご来場をお待ちしています」 »

2010年10月14日 (木)

Q:平成22年国勢調査の結果は、いつごろ公表されるのですか?

A:平成22年国勢調査の結果は、最も早いものは調査期日(平成22年10月1日)から約4か月後の平成23年1~2月に公表する予定です。これは、総人口と世帯数に関する人口速報集計です。これに続いて、調査期日から約8か月後の平成23年6月に抽出速報集計(調査票の約100分の1を抽出して統計表を作成)を公表する予定です。この集計により、すべての調査項目について、我が国の人口と世帯に関する全体像が明らかになります。
 調査票の全数による集計結果は、調査から約1年後の平成23年10月に公表され、その後、より詳細な結果を順次公表していく予定です。(詳細は「別表」(エクセル:29KB)参照)

 平成22年国勢調査の公表スケジュールは、前回の平成17年調査に比べて、人口速報集計は若干遅くなっていますが、抽出詳細集計などは早期化します。人口速報集計の公表まで従来よりも時間がかかるのは、今回の調査方法の変更によるものです。今回の調査では、調査票の封入提出方式を全世帯に導入するとともに、郵送提出方式を導入することとしているため、市区町村における事務が大きくなり、そのための処理に従来よりも長い時間が必要と見込まれています。
 しかし、日本の国勢調査の人口速報の公表時期は、他の主要先進国と比べて最も早いものとなっています。例えば、アメリカの2000年国勢調査では、人口速報の公表は調査期日から8ヶ月後となっています。(詳しくは、「平成22年国勢調査の実施に向けて(検討状況報告)(PDF:126KB)」(平成21年4月、総務省統計局)の20ページを参照)
http://www.stat.go.jp/data/kokusei/qa-1.htm#d1
以上

« 10月17日(日) 日本労働法学会 第120回大会 | トップページ | 【お知らせ】「かながわ赤十字情報プラザへのご来場をお待ちしています」 »